金融サービスブログ    

このシリーズの記事一覧:

  1. 真の「生産性向上」と業務プロセス再構築、そして人の重要性海外先進事例に学ぶデジタル変革実現の鍵とは? ~ウェビナー
  2. RPAの要諦と次なるデジタル変革への挑戦 ~ウェビナー
  3. 「アンバンドル」から「社会構造変革」へ:日本におけるフィンテックの将来的可能性 ~ウェビナー
  4. 来たる“創造的破壊”の波に向けた、保険ビジネスのあり方とは ~ウェビナー
  5. デジタルウェルスマネジメントがもたらすアドバイスモデルの転換 _真の顧客本位の実現に向けて ~ウェビナー
  6. コーポレート領域でのデジタル技術導入による変革効果の限界と打開策–RegTechを中心とした効果創出の仕組みづくり  ~ウェビナー
  7. HUMAN + MACHINE:ビジネス変革における第3の波に日本企業はどう立ち向かうべきか ~ウェビナー
  8. ブロックチェーンは金融ビジネスをどう変えるか、何が可能になるのか~ウェビナー
  9. デジタル変革のあるべき姿 – 伊予銀行様DHDバンクを例に ~ウェビナー
  10. デジタル変革の鍵を握るCloud活用をどう進めるべきか – 金融業界における成功の要因 ~ウェビナー
  11. 真の顧客起点型ビジネスモデルの追求 –2つの主導権争いと鍵となるテクノロジーの展望~ウェビナー
  12. デジタルトランスフォーメーション(DX)における人材活用・リスキルの進め方とは~ウェビナー
  13. 顧客を知り、顧客に応え、顧客と共に育てるビジネス ー 2019年消費者動向調査を踏まえて ~ウェビナー
  14. Beyond RPA -RPAは期待した効果を出せたのか?これまでの総括と求められる次なる一手:第1回 RPAの特性と活用推進の鍵 ~ウェビナー
  15. BEYOND RPA -RPAは期待した効果を出せたのか?これまでの総括と求められる次なる一手:第2回 求められる次の一手と2つの方向性
  16. 第1回 グローバルのイノベーションにみる保険の新たな姿 _今だからできるサービスと日本への示唆~ウェビナー
  17. 第2回 グローバルのイノベーションにみる保険の新たな姿 _今だからできるサービスと日本への示唆~ウェビナー
  18. Bank4.0時代に向けた銀行変革 - “破”銀行、“創”銀行:第1回 Bank4.0時代の到来と国内金融機関への影響~ウェビナー
  19. Bank4.0時代に向けた銀行変革 - “破”銀行、“創”銀行:第2回 Bank4.0時代の“銀行”と実現に向けた鍵~ウェビナー
  20. 顧客価値と企業経営_Design Pivot 新しいデザインとの向き合い方 第1回 金融機関に求められる新たなビジネスデザイン~ウェビナー
  21. 顧客価値と企業経営_Design Pivot 新しいデザインとの向き合い方 第2回 新たなデザインとの向き合い方
  22. デジタルビジネスを加速させる次なるステージの組織運営と人材活用 _デジタルトランスフォーメーション(DX)のその先へ:第1回ディスラプションの進行と金融業界の現状~ウェビナー
  23. デジタルビジネスを加速させる次なるステージの組織運営と人材活用 _デジタルトランスフォーメーション(DX)のその先へ:第2回 変革へのロードマップ(1)オペレーティングモデル・シフト~ウェビナー
  24. デジタルビジネスを加速させる次なるステージの組織運営と人材活用 _デジタルトランスフォーメーション(DX)のその先へ:第3回 変革のロードマップ(2)リソース・シフトとワーク・シフト
  25. 守るテストと攻めるテスト:第1回 創造的破壊(disruption)の進行と金融業界の現状
  26. 守るテストと攻めるテスト:第2回 創造的破壊(disruption)の進行と金融業界の現状~“攻めるテスト”の要諦
  27. BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)のその先へ _これまでとデジタル化時代における 今後のあるべき姿 :第1回 新たな市場環境とアウトソーシングのかたち
  28. BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)のその先へ - これまでとデジタル化時代における 今後のあるべき姿 第2回 ― BPSのメリットと活用事例
  29. COVID-19による金融業界へのインパクトと先進事例に学ぶ「ニューノーマル」へのシフト:第1回 COVID-19のインパクトと『ニューノーマル』のかたち
  30. COVID-19による金融業界へのインパクトと先進事例に学ぶ「ニューノーマル」へのシフト:第2回 先進事例に学ぶ「ニューノーマル」へのシフト 銀行業界
  31. COVID-19による金融業界へのインパクトと先進事例に学ぶ「ニューノーマル」へのシフト 第3回 先進事例に学ぶ「ニューノーマル」へのシフト〜証券・保険業界
  32. 異業種連携による新たなビジネスチャンス獲得のための要諦とは:第1回 異業種連携の最新動向と金融サービスのポテンシャル
  33. 異業種連携による新たなビジネスチャンス獲得のための要諦とは:第2回 異業種による金融参入事例〜MarCoPayの実現に向けた日本郵船の取り組み
  34. 異業種連携による新たなビジネスチャンス獲得のための要諦とは:第3回 異業種による金融参入・連携における成功実現の要諦
  35. 保険イノベーションの最新動向 〜EFMA受賞イノベーションから見た次なる一歩とは:第1回 EFMAアワード受賞企業と保険イノベーションのトレンド
  36. 保険イノベーションの最新動向 〜EFMA受賞イノベーションから見た次なる一歩とは:第2回 保険会社が取るべき次なる一歩
  37. 筋肉質な経営体質に転換するための、聖域なきコスト削減 – リバウンドしない仕組みづくりとカルチャー変革
  38. 欧州デジタルバンキング、何が成否を分けたのか。そこから学ぶ日本への示唆とは:第1回
  39. 欧州デジタルバンキング、何が成否を分けたのか。そこから学ぶ日本への示唆とは:第2回
  40. 顧客体験を軸にしたビジネス変革 ~他業界に学ぶ顧客体験の追求と成長へのチャレンジ~

第1回(全2回)― Innovation in Insurance Award 2019に見られる先進的取り組み

今、保険業界ではテクノロジー活用を通じた変革と顧客本位の業務実現、エコシステムを通じた連携の加速がますます求められるようになっています。その大きな鍵を握るのは、オープンな情報交換と、既存の枠組みに囚われない柔軟な発想を通じたイノベーションの推進です。アクセンチュアとEfmaが共催するInnovation in Insurance Awardは、まさにこうした取り組みを保険業界全体で共有・促進するために創設されたプログラムです。本ブログでは全2回に分け、ウェビナーの中で取り上げた特に注目に値するイノベーティブな事例をいくつか紹介するとともに、グローバル規模で見られる革新的取り組みが日本の保険会社にもたらす示唆についてお話しします。

Innovation in Insurance Award2019とイノベーションの最新動向

Efmaは金融イノベーションの推進を目的として1971年に設立された非営利団体で、パリを拠点に130カ国3300以上の金融サービス機関が加入しています。2016年から毎年開催されている同プログラムでは、これまで業界の常識を打ち破るような革新的で優れたアイデアの表彰を行ってきましたが、第4回目となる今年も世界54か国から約400件の応募があり、世界中から選ばれた30人の審査員の投票+会員のオンライン投票+非会員のオンライン投票を通じて受賞企業を決定しました。

今回受賞した案件を大きく分類すると、プロダクト・デリバリー・課題解決・予測分析・働き方改革・エコシステムという5つの領域に分けることができます。各領域では次のような興味深い事例がありました。

プロダクト

世の中の変化に伴い、現代社会では様々なニーズが新たに発生しており、保険の世界でもこうしたニーズに応える新たなイノベーションが進んでいます。この領域で特に目を引いたのは、Aviva Franceが2018年4月から展開している新モビリティ特化型の保険 OnMyWayです。現在ヨーロッパの各都市では、電動スクーターや電動アシスト自転車、ホバーボード、セグウェイなどエコフレンドリーな新型モビリティの普及が進んでいます。同社はこうしたモビリティの乗車時だけではなく、地下鉄など他の交通手段を利用した場合も最終目的地までのリスクをカバーする保険を展開しています。同商品はプロダクト&サービス・イノベーション部門で3位を獲得しました。

デリバリー

商品・サービス提供の仕組みに関する分野で注目を浴びた取り組みは、コネクテッドインシュランス&エコシステム部門で1位を獲得したAXA GermanyのLight Guard Connectです。同社は昨年に自動事故通報装置(e-Call)を内蔵した自転車ライトを開発し、事故発生時にはGPSの位置情報をもとにスマホアプリが自動的に救助サービス派遣を依頼するという仕組みを提供しています。EUでは2018年から新車へのe-Callの設置が義務付けられていますが、自動車よりはるかに台数の多い自転車にはなぜないのか?という問題意識がこの保険商品の実現につながりました。IoTデバイスを活用した保険サービスという新たな分野を切り拓く革新的な試みと言えるでしょう。

課題解決

世界の保険会社は、社会問題の解決につながる領域でも積極的にイノベーションを進めています。今回のアワードでも、がん・健康増進・SDGsといった分野に関連する数多くの取り組みが受賞しました。中でも特に興味深いのは、皮膚がんの早期発見と皮膚ケアに特化したGenerali-WelionのスマホアプリサービスSkinVisionで、カスタマーエクスペリエンス部門で2位を獲得しています。同サービスはスマートフォンでユーザーが撮影した皮膚を人工知能で分析し、皮膚がんリスクを判定します。初回チェックは無料で、1回のチェックは4.99ユーロ(約600円)、年間無制限の検査は29.99ユーロ(約3500円)と手軽に利用でき、定期的に皮膚チェックのリマインダーも出されるなどユーザーの生活に溶け込む形でサービスを提供します。

予測分析

EFMA Innovation Awardの応募・受賞案件では、アナリティクスやビッグデータなどの先進デジタルツールを駆使した商品・サービスも増加傾向にあります。コア・インシュランス・トランスフォーメーション部門で3位を獲得した南アフリカのFNB Lifeは、顧客の属性データ、銀行取引データ、自治体の死亡データから、医療費、アルコール・ファーストフードの支出まで約2500項目にわたるデータを利用して死亡リスクを予測し、生命保険のアンダーライティングに役立てるという業界初の取り組みを行っています。これまで保険契約者は、医師の診察・検査など入念なチェックを受ける必要がありましたが、同社の生命保険引き受けではシステムがこうしたデータをバックグラウンドで分析して顧客のリスクを計算します。この仕組みにより告知や医療検査無しで最大150万ラント(約107万円)までの保険に加入できるようになります。

働き方改革

ポーランドのPZUはRPAを活用した働き方改革の取り組みで、ワークフォース・トランスフォーメーション部門の1位を受賞しました。同社はRPAをまずクレーム関連6業務に導入し、その後個人・中小企業・大企業向けアフターセールスサービスと保険料請求10業務に活用範囲を拡大。現在は2300名の従業員がPRAに関与し、5業務分野の16プロセスで50台のロボットが1ヶ月あたり257,000件の業務をこなしています。この事例は、上に紹介したような取り組みに比べればやや地味な印象を与えるかもしれません。しかしEfmaが受賞案件の審査をする際には、取り組みの新規性だけでなく汎用性・効果という2つの基準も非常に重視しています。この2つの側面で非常に高く評価されたことが1位獲得につながったのだと考えています。

エコシステム

アワード受賞案件ではありませんが、「保険ではなく、エコシステムを売る」というAllianzの革新的な取り組みは非常に興味深いものでした。例えば同社が中心企業の1つとなり、モロッコのマラケシュ市で進めている電動スクーター導入プロジェクトでは、スクーター本体や充電インフラなどの専用保険を開発・提供するだけでなく、エコシステムの設計全般にも関わっています。今まで、このような取組みの中で保険会社は非常に目立たない存在でした。しかし同プロジェクトでは、全ての電動スクーターに“Allianz Inside”というロゴが貼られていることが象徴するように、同社は保険の提供者として既存エコシステムに参画するのではなく、自らの強みを生かす形で積極的にエコシステム創出の担い手となっています。プロジェクトの設計段階から関わるという同社の先進的なアプローチは、保険会社が単品で保険を売る時代が終わりつつあることを象徴する事例と言えるかもしれません。

ここまで今後イノベーション推進の鍵となる5つの領域について、Efma Innovation Awardの事例の一部を見てきましたが、上に紹介したような最新イノベーション事例は日本の保険業界にどのような示唆をもたらすのでしょうか?次回のブログでは、アクセンチュアの最新調査結果を交えながら、この点についてお話しします。今回のウェビナーでは上記の例も含めたイノベーション事例を更に紹介していますのでぜひご覧ください。また受賞事例はEfmaのInnovation in Insuranceライブラリにも掲載されています。Efma会員企業およびグループ会社従業員の方は詳細情報を見ることができますので併せてご覧ください。