Financial Services Blog    

Other parts of this series:

  1. 真の「生産性向上」と業務プロセス再構築、そして人の重要性海外先進事例に学ぶデジタル変革実現の鍵とは? ~ウェビナー
  2. RPAの要諦と次なるデジタル変革への挑戦 ~ウェビナー
  3. 「アンバンドル」から「社会構造変革」へ:日本におけるフィンテックの将来的可能性 ~ウェビナー
  4. 来たる“創造的破壊”の波に向けた、保険ビジネスのあり方とは ~ウェビナー
  5. デジタルウェルスマネジメントがもたらすアドバイスモデルの転換 _真の顧客本位の実現に向けて ~ウェビナー
  6. コーポレート領域でのデジタル技術導入による変革効果の限界と打開策–RegTechを中心とした効果創出の仕組みづくり  ~ウェビナー
  7. HUMAN + MACHINE:ビジネス変革における第3の波に日本企業はどう立ち向かうべきか ~ウェビナー
  8. ブロックチェーンは金融ビジネスをどう変えるか、何が可能になるのか~ウェビナー
  9. デジタル変革のあるべき姿 – 伊予銀行様DHDバンクを例に ~ウェビナー
  10. デジタル変革の鍵を握るCloud活用をどう進めるべきか – 金融業界における成功の要因 ~ウェビナー
  11. 真の顧客起点型ビジネスモデルの追求 –2つの主導権争いと鍵となるテクノロジーの展望~ウェビナー
  12. デジタルトランスフォーメーション(DX)における人材活用・リスキルの進め方とは~ウェビナー
  13. 顧客を知り、顧客に応え、顧客と共に育てるビジネス ー 2019年消費者動向調査を踏まえて ~ウェビナー
  14. Beyond RPA -RPAは期待した効果を出せたのか?これまでの総括と求められる次なる一手:第1回 RPAの特性と活用推進の鍵 ~ウェビナー
  15. BEYOND RPA -RPAは期待した効果を出せたのか?これまでの総括と求められる次なる一手:第2回 求められる次の一手と2つの方向性
  16. 第1回 グローバルのイノベーションにみる保険の新たな姿 _今だからできるサービスと日本への示唆~ウェビナー
  17. 第2回 グローバルのイノベーションにみる保険の新たな姿 _今だからできるサービスと日本への示唆~ウェビナー
  18. Bank4.0時代に向けた銀行変革 - “破”銀行、“創”銀行:第1回 Bank4.0時代の到来と国内金融機関への影響~ウェビナー
  19. Bank4.0時代に向けた銀行変革 - “破”銀行、“創”銀行:第2回 Bank4.0時代の“銀行”と実現に向けた鍵~ウェビナー
  20. 顧客価値と企業経営_Design Pivot 新しいデザインとの向き合い方 第1回 金融機関に求められる新たなビジネスデザイン~ウェビナー
  21. 顧客価値と企業経営_Design Pivot 新しいデザインとの向き合い方 第2回 新たなデザインとの向き合い方
  22. デジタルビジネスを加速させる次なるステージの組織運営と人材活用 _デジタルトランスフォーメーション(DX)のその先へ:第1回ディスラプションの進行と金融業界の現状~ウェビナー
  23. デジタルビジネスを加速させる次なるステージの組織運営と人材活用 _デジタルトランスフォーメーション(DX)のその先へ:第2回 変革へのロードマップ(1)オペレーティングモデル・シフト~ウェビナー
  24. デジタルビジネスを加速させる次なるステージの組織運営と人材活用 _デジタルトランスフォーメーション(DX)のその先へ:第3回 変革のロードマップ(2)リソース・シフトとワーク・シフト
  25. 守るテストと攻めるテスト:第1回 創造的破壊(disruption)の進行と金融業界の現状
  26. 守るテストと攻めるテスト:第2回 創造的破壊(disruption)の進行と金融業界の現状~“攻めるテスト”の要諦
  27. BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)のその先へ _これまでとデジタル化時代における 今後のあるべき姿 :第1回 新たな市場環境とアウトソーシングのかたち
  28. BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)のその先へ - これまでとデジタル化時代における 今後のあるべき姿 第2回 ― BPSのメリットと活用事例
  29. COVID-19による金融業界へのインパクトと先進事例に学ぶ「ニューノーマル」へのシフト:第1回 COVID-19のインパクトと『ニューノーマル』のかたち
  30. COVID-19による金融業界へのインパクトと先進事例に学ぶ「ニューノーマル」へのシフト:第2回 先進事例に学ぶ「ニューノーマル」へのシフト 銀行業界
  31. COVID-19による金融業界へのインパクトと先進事例に学ぶ「ニューノーマル」へのシフト 第3回 先進事例に学ぶ「ニューノーマル」へのシフト〜証券・保険業界
  32. 異業種連携による新たなビジネスチャンス獲得のための要諦とは:第1回 異業種連携の最新動向と金融サービスのポテンシャル
  33. 異業種連携による新たなビジネスチャンス獲得のための要諦とは:第2回 異業種による金融参入事例〜MarCoPayの実現に向けた日本郵船の取り組み
  34. 異業種連携による新たなビジネスチャンス獲得のための要諦とは:第3回 異業種による金融参入・連携における成功実現の要諦
  35. 保険イノベーションの最新動向 〜EFMA受賞イノベーションから見た次なる一歩とは:第1回 EFMAアワード受賞企業と保険イノベーションのトレンド
  36. 保険イノベーションの最新動向 〜EFMA受賞イノベーションから見た次なる一歩とは:第2回 保険会社が取るべき次なる一歩
  37. 筋肉質な経営体質に転換するための、聖域なきコスト削減 – リバウンドしない仕組みづくりとカルチャー変革
  38. 欧州デジタルバンキング、何が成否を分けたのか。そこから学ぶ日本への示唆とは:第1回
  39. 欧州デジタルバンキング、何が成否を分けたのか。そこから学ぶ日本への示唆とは:第2回
  40. 顧客体験を軸にしたビジネス変革 ~他業界に学ぶ顧客体験の追求と成長へのチャレンジ~
  41. 2021年の金融業界の展望 – 「ニューノーマル」を実現するために金融機関には何が求められるのか
  42. 「2025年の崖」を乗り越えるモダナイゼーションの現実的な施策とは その4 ~アクセンチュアの謎、なぜレガシーモダナイゼーションで選ばれるのか?
  43. データドリブン保険経営の要諦〜大同生命におけるビジネス・アナリティクス・クリエイティブ三位一体改革〜
  44. Capital Markets 2025 – 証券ビジネスの再創造に向けて
  45. Technology Vision 2021から読み解く日本の金融機関への示唆
  46. 日本初のデジタルバンク「みんなの銀行」は何を目指しているのか - 横田頭取・永吉副頭取をお迎えして
  47. 保険イノベーションの最新潮流~ Efma受賞イノベーションから見た最新事例と保険DXの将来像~
  48. 「パーパス起点」で金融機関はどう変わるのか ~ “Business of Experience(BX)”実現に向けた具体的な変革ポイント
  49. アウトソーシングの新潮流と人材戦略について
  50. 「事故のない世界」を目指して。イーデザイン損保の新たな自動車保険「&e アンディー」からパーパス起点の変革の意義を紐解く
  51. 2022年、金融機関の持続的成長には何が必要なのか。銀行・証券・保険の各業界のトレンドと展望を総括
  52. 銀行業界を牽引するグローバル大手銀行の戦略から、日本の金融機関への示唆を読み解く
  53. 岐路に立つ金融機関系システムは、10年後を見据えてどのように変わるべきなのか
  54. 金融機関のグローバル展開パターンを分析し、成功の要諦とシナジーの生み方を読み解く
  55. COVID19とは何だったのか。これまでの総括とこれからの予測、そして日本の金融機関への示唆
  56. メタバースは現実世界やビジネスをどう変えるのか。テクノロジー・ビジョン2022に寄せて
  57. 顧客ニーズの変化や手数料率の低下。証券リテール業界はどのように変わるべきなのか
  58. 保険イノベーションのグローバルトレンドと、今後起こりうる大きな変化。Qorus(旧Efma)受賞イノベーションから最新事例のご紹介
  59. 多様化するリスクに対し、日本の金融機関が取るべきデータドリブンなリスクマネジメントとは
  60. 第53回金融ウェビナーのご案内:金融業界におけるデータ・AIの活用と「責任あるAI」の実現にむけて

社会情勢の変化とテクノロジーの進化が進む中、グローバルの保険業界では新たなイノベーションが生まれ続けています。今回の金融ウェビナーでは、アクセンチュアがQorus(旧Efma)と共同で開催している「Innovation in Insurance Awards2022年度の受賞結果を紹介しながら、保険イノベーションの潮流を読み解きました。そして、世界的なインフレーションなどの大きな社会変化が起きている2022年の状況を踏まえ、今後起こりうる大きな変化についても議論しています。

世界の優れた保険イノベーションを表彰するアワード

Qorus1971年に複数の銀行と保険会社によって設立されたグローバルな非営利組織であり、133カ国、120を超える金融メンバーが参加しています。EfmaEuropean Financial Management Association)の名称で認知されていた方も多いと思いますが、2022年に名称変更とリブランディングを行い、グローバルコミュニティとしての立ち位置を一層強化しました。

Qorusとアクセンチュアは、グローバルでの保険産業におけるイノベーション促進を目的としたコンペティション「Innovation in Insurance Awards」を毎年開催しています。2022年のアワードでは、44カ国、398のイノベーション、251の企業・団体からの応募があり、7つのカテゴリーにおいて受賞企業が決定しました。

「ヘルスケアを中心とした社会インフラ」へと進化するDiscovery

2022年度、もっとも革新的な保険会社を選出する「Global Innovator」を受賞したのは南アフリカのDiscoveryでした。Discoveryはこの数年、継続的に「Global Innovator」に選出され続けています。

それではDiscoveryのどのような点が傑出しているのでしょうか。Discoveryの本年度のアワードノミネーションの取り組みとしては、在宅医療ソリューション「Discovery Hospital at Home」、健康寿命リスクスコア「Healthy Futures calculator」、道路インフラメンテ支援「Pothole Patrol」、COVID19ワクチン支援「Vaccinating a Nation」の4つがあります。

Discoveryは健康増進プログラム「Vitality」によって、人々の行動変容に着目した保険イノベーションを創出。南アフリカで最大の在宅医療プロバイダーになり、さらにはテレマティクスを用いた自動車保険、中小企業向け保険、さらには銀行業にも進出し、今や南アフリカを中心に「ヘルスケアを中心とした社会インフラ支援企業」となりつつあります。

同社は行動変容プログラムをキーに保険・金融事業を拡大していくとともに、そこで培ったネットワークやデータを活用しながら他事業を展開し、保険企業を超えたデジタルカンパニーとして事業領域を拡大しています。

今後予想される保険業界の大きな変化とは

全カテゴリにおける今年度の傾向としては、2021年度と比べて大きなトレンドの変化はないものの、ヘルスケア関連・サステナビリティ関連のノミネーションが3040%増加していました。

また、今後はイノベーショントレンドが大きく変わっていくと考えられます。その理由としては、全世界的なインフレーションとそれを引き起こしている資源獲得競争、地政学的リスクによるサプライチェーンの変動、長期的な資産形成ニーズの高まり、高齢化、Web3や量子技術といった新技術の本格活用などが挙げられます。

次に予測される保険イノベーションのトレンドとしては、「サプライドリブン経済圏」、「フルライフエコノミー」、「DeFi型の相互扶助」がキーワードとして考えられます。

まず「サプライドリブン経済圏」について、インフレーションや資源不足などによって、供給サイドがリードする経済圏にシフトしていくことが見込まれます。もともと長期的に資源・コモディティ価格が上昇を続けていたところ、昨今の情勢によって、さらに状況が悪化する恐れがあります。資源の投入量や廃棄量を抑制しながら資産を有効活用する重要性は、ますます増していきます。製造業が直接的な影響を受けるものの、循環型経済やサプライチェーンへの保険の組み込みなど、保険会社も対応していく必要があるといえます。

次に「フルライフエコノミー」の事例では、中国平安保険がデジタルを活用した高齢者向けのヘルスケアサービスを展開しています。COVID19を契機に成長したオンライン診療サービスの「平安グッドドクター」に加え、在宅医療、介護といったフルライフサイクルのサービスの提供を開始。なお、Discoveryもシニア向けサービスの「Vitality 65+」を展開しており、保険を起点にしたヘルスケアサービスは今度も広がっていきそうです。

そして「DeFi型の相互扶助」について、Web3などのテクノロジーをベースにしたDeFiが保険業界でも進展しており、洪水や干ばつをイベントとしたブロックチェーンを活用したパラメトリック保険や、参加企業が暗号通貨を介して従業員のスマートコントラクトに保険料を支払うDAO型失業保険などが生まれています。

日本の保険企業も世界的な動向を参考にすべき

さて、ここまで保険イノベーションの世界的な潮流について見てきましたが、日本では国民皆保険制度によりヘルスケア環境が整備されており、またインフレーションも海外ほどではなく、緊急度が相対的に低い面はあるかもしれません。ですが、日本だけが世界的な潮流から留まり続けられるとは言えません。海外企業が環境変化を利用して変革を加速させていくことも予想される中、海外企業の動向も参考にしつつ、自社の取り組みに取り入れていくことが必要でしょう。

今回のレポートでは、アワード内から「Global Innovator」のDiscoveryの取り組みを抜粋して紹介いたしましたが、ウェビナー本編では各カテゴリの受賞取り組みも紹介しております。保険イノベーションの世界的な潮流と現在地を具体的にご覧になりたい方は、ぜひウェビナーのオンデマンド版もご視聴ください。

今回のウェビナーでは、金融業界の外部へと目を向け、最新の顧客体験の創造に取り組んでいる事例を紹介しました。本記事の内容は、オンデマンド視聴可能なウェビナーでより詳しく紹介しております。ハンズオン資料のご提供ほか、豊富な図版を交えた説明、視聴者からのQ&Aを含む約60分の映像コンテンツとなっておりますので、ぜひご視聴ください。

アクセンチュア金融サービス本部ウェビナー第48回のご視聴はこちら

お問い合わせ
柴田 尚之

柴田 尚之

執行役員 金融サービス本部 保険グループ アジア太平洋・アフリカ・ラテンアメリカ・中東地区統括

View Profile

近藤 龍司

近藤 龍司

ビジネス コンサルティング本部 コンサルティンググループ 保険 プラクティス日本統括 マネジング・ディレクター

View Profile

近藤 未希

近藤 未希

ビジネス コンサルティング本部 コンサルティンググループ マネジング・ディレクター

View Profile