Financial Services Blog    

Other parts of this series:

  1. 真の「生産性向上」と業務プロセス再構築、そして人の重要性海外先進事例に学ぶデジタル変革実現の鍵とは? ~ウェビナー
  2. RPAの要諦と次なるデジタル変革への挑戦 ~ウェビナー
  3. 「アンバンドル」から「社会構造変革」へ:日本におけるフィンテックの将来的可能性 ~ウェビナー
  4. 来たる“創造的破壊”の波に向けた、保険ビジネスのあり方とは ~ウェビナー
  5. デジタルウェルスマネジメントがもたらすアドバイスモデルの転換 _真の顧客本位の実現に向けて ~ウェビナー
  6. コーポレート領域でのデジタル技術導入による変革効果の限界と打開策–RegTechを中心とした効果創出の仕組みづくり  ~ウェビナー
  7. HUMAN + MACHINE:ビジネス変革における第3の波に日本企業はどう立ち向かうべきか ~ウェビナー
  8. ブロックチェーンは金融ビジネスをどう変えるか、何が可能になるのか~ウェビナー
  9. デジタル変革のあるべき姿 – 伊予銀行様DHDバンクを例に ~ウェビナー
  10. デジタル変革の鍵を握るCloud活用をどう進めるべきか – 金融業界における成功の要因 ~ウェビナー
  11. 真の顧客起点型ビジネスモデルの追求 –2つの主導権争いと鍵となるテクノロジーの展望~ウェビナー
  12. デジタルトランスフォーメーション(DX)における人材活用・リスキルの進め方とは~ウェビナー
  13. 顧客を知り、顧客に応え、顧客と共に育てるビジネス ー 2019年消費者動向調査を踏まえて ~ウェビナー
  14. Beyond RPA -RPAは期待した効果を出せたのか?これまでの総括と求められる次なる一手:第1回 RPAの特性と活用推進の鍵 ~ウェビナー
  15. BEYOND RPA -RPAは期待した効果を出せたのか?これまでの総括と求められる次なる一手:第2回 求められる次の一手と2つの方向性
  16. 第1回 グローバルのイノベーションにみる保険の新たな姿 _今だからできるサービスと日本への示唆~ウェビナー
  17. 第2回 グローバルのイノベーションにみる保険の新たな姿 _今だからできるサービスと日本への示唆~ウェビナー
  18. Bank4.0時代に向けた銀行変革 - “破”銀行、“創”銀行:第1回 Bank4.0時代の到来と国内金融機関への影響~ウェビナー
  19. Bank4.0時代に向けた銀行変革 - “破”銀行、“創”銀行:第2回 Bank4.0時代の“銀行”と実現に向けた鍵~ウェビナー
  20. 顧客価値と企業経営_Design Pivot 新しいデザインとの向き合い方 第1回 金融機関に求められる新たなビジネスデザイン~ウェビナー
  21. 顧客価値と企業経営_Design Pivot 新しいデザインとの向き合い方 第2回 新たなデザインとの向き合い方
  22. デジタルビジネスを加速させる次なるステージの組織運営と人材活用 _デジタルトランスフォーメーション(DX)のその先へ:第1回ディスラプションの進行と金融業界の現状~ウェビナー
  23. デジタルビジネスを加速させる次なるステージの組織運営と人材活用 _デジタルトランスフォーメーション(DX)のその先へ:第2回 変革へのロードマップ(1)オペレーティングモデル・シフト~ウェビナー
  24. デジタルビジネスを加速させる次なるステージの組織運営と人材活用 _デジタルトランスフォーメーション(DX)のその先へ:第3回 変革のロードマップ(2)リソース・シフトとワーク・シフト
  25. 守るテストと攻めるテスト:第1回 創造的破壊(disruption)の進行と金融業界の現状
  26. 守るテストと攻めるテスト:第2回 創造的破壊(disruption)の進行と金融業界の現状~“攻めるテスト”の要諦
  27. BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)のその先へ _これまでとデジタル化時代における 今後のあるべき姿 :第1回 新たな市場環境とアウトソーシングのかたち
  28. BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)のその先へ - これまでとデジタル化時代における 今後のあるべき姿 第2回 ― BPSのメリットと活用事例
  29. COVID-19による金融業界へのインパクトと先進事例に学ぶ「ニューノーマル」へのシフト:第1回 COVID-19のインパクトと『ニューノーマル』のかたち
  30. COVID-19による金融業界へのインパクトと先進事例に学ぶ「ニューノーマル」へのシフト:第2回 先進事例に学ぶ「ニューノーマル」へのシフト 銀行業界
  31. COVID-19による金融業界へのインパクトと先進事例に学ぶ「ニューノーマル」へのシフト 第3回 先進事例に学ぶ「ニューノーマル」へのシフト〜証券・保険業界
  32. 異業種連携による新たなビジネスチャンス獲得のための要諦とは:第1回 異業種連携の最新動向と金融サービスのポテンシャル
  33. 異業種連携による新たなビジネスチャンス獲得のための要諦とは:第2回 異業種による金融参入事例〜MarCoPayの実現に向けた日本郵船の取り組み
  34. 異業種連携による新たなビジネスチャンス獲得のための要諦とは:第3回 異業種による金融参入・連携における成功実現の要諦
  35. 保険イノベーションの最新動向 〜EFMA受賞イノベーションから見た次なる一歩とは:第1回 EFMAアワード受賞企業と保険イノベーションのトレンド
  36. 保険イノベーションの最新動向 〜EFMA受賞イノベーションから見た次なる一歩とは:第2回 保険会社が取るべき次なる一歩
  37. 筋肉質な経営体質に転換するための、聖域なきコスト削減 – リバウンドしない仕組みづくりとカルチャー変革
  38. 欧州デジタルバンキング、何が成否を分けたのか。そこから学ぶ日本への示唆とは:第1回
  39. 欧州デジタルバンキング、何が成否を分けたのか。そこから学ぶ日本への示唆とは:第2回
  40. 顧客体験を軸にしたビジネス変革 ~他業界に学ぶ顧客体験の追求と成長へのチャレンジ~
  41. 2021年の金融業界の展望 – 「ニューノーマル」を実現するために金融機関には何が求められるのか
  42. 「2025年の崖」を乗り越えるモダナイゼーションの現実的な施策とは その4 ~アクセンチュアの謎、なぜレガシーモダナイゼーションで選ばれるのか?
  43. データドリブン保険経営の要諦〜大同生命におけるビジネス・アナリティクス・クリエイティブ三位一体改革〜
  44. Capital Markets 2025 – 証券ビジネスの再創造に向けて
  45. Technology Vision 2021から読み解く日本の金融機関への示唆
  46. 日本初のデジタルバンク「みんなの銀行」は何を目指しているのか - 横田頭取・永吉副頭取をお迎えして
  47. 保険イノベーションの最新潮流~ Efma受賞イノベーションから見た最新事例と保険DXの将来像~
  48. 「パーパス起点」で金融機関はどう変わるのか ~ “Business of Experience(BX)”実現に向けた具体的な変革ポイント
  49. アウトソーシングの新潮流と人材戦略について
  50. 「事故のない世界」を目指して。イーデザイン損保の新たな自動車保険「&e アンディー」からパーパス起点の変革の意義を紐解く
  51. 2022年、金融機関の持続的成長には何が必要なのか。銀行・証券・保険の各業界のトレンドと展望を総括
  52. 銀行業界を牽引するグローバル大手銀行の戦略から、日本の金融機関への示唆を読み解く
  53. 岐路に立つ金融機関系システムは、10年後を見据えてどのように変わるべきなのか
  54. 金融機関のグローバル展開パターンを分析し、成功の要諦とシナジーの生み方を読み解く
  55. COVID19とは何だったのか。これまでの総括とこれからの予測、そして日本の金融機関への示唆
  56. メタバースは現実世界やビジネスをどう変えるのか。テクノロジー・ビジョン2022に寄せて
  57. 顧客ニーズの変化や手数料率の低下。証券リテール業界はどのように変わるべきなのか
  58. 保険イノベーションのグローバルトレンドと、今後起こりうる大きな変化。Qorus(旧Efma)受賞イノベーションから最新事例のご紹介
  59. 多様化するリスクに対し、日本の金融機関が取るべきデータドリブンなリスクマネジメントとは
  60. 顧客を「生活者」として捉え直す。真の顧客志向による顧客体験の最適化とマーケティングの変革
  61. 2023年の金融業界を占う。不確実な世界で持続的な成長と新たな価値創造を実現するための注力テーマ
  62. AI活用は意思決定の領域にまで拡大。金融業界におけるAI活用と「責任あるAI」の実現に向けて
  63. 金融機関におけるTalent Transformation(TX)の進め方
  64. イノベーションの潮流に変化の兆し。新興国のイノベーション事例から日本の金融機関は何を学べるのか?
  65. 社会実装が始まる量子コンピュータ。金融業界こそ量子コンピューティングを活用すべき理由とは
  66. ジェネレーティブAIが金融業界にもたらす巨大なインパクト。「AI社員」の活用事例も紹介
  67. コア領域こそ内製化を。DX全盛の今こそ金融業界のIT現場を取り巻く状況を知る
  68. アトム(現実)とビット(仮想)の融合が始まった。テクノロジービジョン2023から世界の向かう先を知る
  69. Qorus Innovation in Insurance Awards 2023の受賞イノベーションを解説。保険イノベーションの今後を占う
  70. “価値”そのものに着目した新たな変化の波。Web3の進化が金融業界にもたらす可能性について
  71. 第63回金融ウェビナーのご案内:生成AI活用で金融機関はどう変わるのか~超高速マーケティングからの示唆

2023年には生成AIの進化が大きな注目を浴びましたが、主要なテクノロジートレンドのひとつであるWeb3は、一過性のトレンドや投機的な動きに留まることなく、社会や企業に新たな価値を与えるものです。

今回の金融ウェビナーでは金融業界の未来を拓く~Web3の進化による新たな可能性」と題し、Web3活用の最前線で働く2名の有識者を招き、Web3が拓く新たな世界や事例、金融業界での可能性を語りました。

Web3が拓く新たなフロンティアとは

アクセンチュアでは、Web3のみならずメタバースや生成AIもひとつの連続したトレンドだと認識しています。

その背景として、人々がWeb上で過ごす時間は長期化しており、“インターネット・ネイティブ”なコミュニティや体験が日々生成されています。そうした中で、インターネット上で過ごした時間や体験に価値を持たせ、オーナーシップを持ちたいと考えるのは自然な流れです。

そして以下の図のようにデジタル上の国家というメタファーのもと、インターネット上の人々やコミュニティを“国民”、スペースやコンテンツを“国土”と考えると、トークナイゼーション(トークン化)やブロックチェーンは“社会経済基盤“と表現できます。

ところで、Web3にはDAOやNFTなども含まれ定義が難しいとされていますが、その中心にあるのはトークナイゼーションです。物質よりも情報に着目したのがデジタライゼーション(デジタル化)だとすれば、トークナイゼーションは価値そのものにフォーカスします。例えば通貨ならステーブルコイン、不動産ならセキュリティトークンといったように、元になるものの“価値”をトークン化するところにポイントがあります。

なぜトークン化する必要があるのかといえば、今まで非対称性が大きく、独占または隠されてきた“価値”をトークン化によって解放・民主化・再定義することが可能になったからです。

例えば、IPや「匠の技」のような資産は、これまで価値が過小評価され、市場も局所的に限定されていました。ですがトークン化を通じて価値移転が容易になり、グローバル規模で市場を形成可能になります。

また、あるコミュニティが成果創出の過程において重要な役割を果たしていても、そのコミュニティ自体の“価値”は算定が困難でした。これもトークン化によってアクティビティやプロセスの真正性が証明されると、その過程や貢献にも価値が認められるようになります。

そして近年問題視されるビッグテックによるデータ独占についても、国家や企業の壁を超えて相互運用性が担保されるようになれば、個人が自分のデータに対して自己主権を保持して価値を享受できるようになります。

これを企業活用に落とし込んだのが以下の図です。

カスタマーフロントの領域では、先述のようにブランドやIPがグローバルの顧客にダイレクトに届き、価値が再評価されます。また、顧客をプロセスに巻き込むことも可能になり、エンゲージメントも向上します。

マルチステークホルダーの領域では、結果に関する貢献度が透明化されることで貢献度に応じた分配が可能になり、社内外のコラボレーションのコストが著しく下がります。また、環境や社会への貢献といった定量化しにくかった部分もプロセスバリューとして切り出し、価値として取引が可能になるでしょう。

そしてデータ&アセットについては、企業が持つ既存のデータを真に価値として評価可能になります。

これらの各領域の具体的な事例についてはウェビナー本編で紹介していますので、より詳しくご覧になりたい方は、オンデマンドの動画版(無料)をご視聴ください。

金融機関におけるWeb3の可能性

ここからは金融機関におけるWeb3の可能性を見ていきます。

改めてWeb3を“金融的”に定義するとデジタル上でのトークンワールドの中でさまざまな取引がなされることとなります

また、Web3は金融市場を脅かす存在のように語られることもありますが、Web3の発展において金融は不可欠であり、むしろWeb3市場は金融機関を求めています。金融こそWeb3が生きる分野とも言えるでしょう

より具体的には、Web3によって金融はどのように変わると考えられるのでしょうか。以下のようにトークン化によって価値の再定義が行われると、金融においてはふたつの軸の広がりが考えられます。

まずひとつは「機能が増える」という方向です。先述のグローバルでの公平な価値評価や、過程や貢献の価値評価、個人によるデータの自己主権の保持などにおいて求められる機能は、実は普段から金融機関が取り組んでいるものが多く、Web3を取り入れることで金融機能自体が大幅に進化する可能性もあります。

ここでの象徴的なWeb3の機能としては、ある成果ができるまでに誰が・どのように貢献したのかを連続的に捉えて適切な利益分配を行える「ヒストリカルプライシング」や、誰が・どのくらいの利益を得る権利があるのかを自動的に評価し、自分以外の人にも利益をシェアできる「バリューベースシェアリングなどがあります。

また、もうひとつの「アセットが拡がる」という方向については、Web3の機能拡張によって、従来の金融サービスの中でのさまざまなビジネスやサービスの拡張が考えられます。

上記の図は金融事業を大きくふたつに二分したもので、「トランザクション型」と「リスクテイク型」のそれぞれでWeb3を組み込んだ動きが生まれてきています。一見すると新しい事業のように見えるかもしれませんが、実は既存の金融機能にWeb3を組み込んだものも多く、意外とチャレンジのハードルは低いと言えるでしょう。

「Web3で何ができるのか?」を、より平易な言葉で整理したものが以下のスライドです。このうち「流通していたなかったものを流通させる」や「隠れていた投資余力・人材を開放する」について、ウェビナー本編ではNFTを活用したホテルサービスの事例を紹介しています。さらに、その事例から考えられる新たな市場の可能性と金融機関の関わり方についても併せて取り上げています。

従来は担保価値の算定が難しかった案件にも分散投資が可能になるという点で、金融機関にとって示唆の得られる事例ですので、ぜひウェビナーの動画版も併せてご覧ください。

国内外でWeb3のシフトは進行しつつある

日本は遅れているものの、グローバルではクリプト(暗号)シフトのトレンドは既に起こっています。下の図の左側にある既存の資本経済における資本から、右側のトークンによる新たな資本経済における資産へのシフトはスピーディに進んでいます。

また、日本国内においてもWeb3市場でチャレンジを始めている企業は増えています。特に20205月の改正金商法施行を皮切りにしてセキュリティトークンビジネスは急拡大中です。業種横断でWeb3の取り組みが活性化していますが、金融機関が活躍する余地はまだまだ大いにあります。

さて、今回のウェビナーでは新しい概念や言葉が数多く登場しましたが、Web3の要点を端的に説明すれば、従来の“物質”ではなく、“価値”そのものに着目するということです。そして、Web3市場は金融機関の積極的な関与を求めており、かつ金融機関からすれば既存の競争源泉を変えずに戦うことができるというメリットもあります。

ですが一方でWeb3関連の技術者は不足しており、自社のリソースのみで実装することは困難です。Web3の実装においては、適材適所のパートナーシップが重要になるでしょう。

ウェビナー本編については無料のオンデマンド版ご覧いただけますので、Web3について具体的な事例を交えて理解したいという方はぜひご視聴ください。

今回のウェビナーでは、金融業界の外部へと目を向け、最新の顧客体験の創造に取り組んでいる事例を紹介しました。本記事の内容は、オンデマンド視聴可能なウェビナーでより詳しく紹介しております。ハンズオン資料のご提供ほか、豊富な図版を交えた説明、視聴者からのQ&Aを含む約60分の映像コンテンツとなっておりますので、ぜひご視聴ください。

アクセンチュア金融サービス本部ウェビナー第61回のご視聴はこちら

Submit a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *