Harvard Business Review掲載記事のご紹介

ブロックチェーン技術は、「取引コストの大幅な削減」「流動性・資産価値の向上」「IoT/M2Mビジネスでの応用」という3つの側面から、社会や生活、ビジネスのインフラを劇的に変える可能性を秘めているが、既に高度なインフラが発展している日本においては、大企業主導での導入は思うように進んでいない。しかし、ブロックチェーン技術はひとたびデファクトスタンダードが出来上がるとそこに収斂する動きが急速に進み、一気に社会インフラに溶け込む可能性が高いと言われ、手遅れになる前に「”破壊”と”創造”」をもたらすこの技術を企業は今後どう向き合っていくべきか。ブロックチェーン導入を躊躇させる既存インフラの存在は何か、ブロックチェーンの応用領域、企業はどのような準備をしておくべきか、具体的にどのような推進体制が求められるか。戦略コンサルティング本部 シニア・プリンシパル田中佑貴と同戦略コンサルティング本部マネジャー中村朝香が熱く語っております。

詳しい記事はこちらをご覧下さい
Harvard Business Review:2019年4月18日 ブロックチェーンによる破壊と創造を 企業が理解し、生かすための方策とは

田中 佑貴

ビジネス コンサルティング本部 シニア・プリンシパル テクノロジーストラテジー&アドバイザリーグループ テクノロジー戦略 プラクティス

View Profile

中村 朝香

戦略コンサルティング本部 シニア・マネジャー

View Profile