デジタル決済の継続的な拡大に伴い、革新的なビジネスモデルの導入次第では、120億ドル規模の新たな決済収益機会を得ることが可能

【東京発:2019年11月12日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、デジタル決済の拡大やノンバンク企業との競争による決済手法やサービスの多様化によって邦銀は2025年までに決済収益全体の28%に相当する200億ドルが今後失われる可能性があることが明らかになりました。

本調査によると、今後、日本国内の決済収益は年率2.6%で成長し、2019年の720億ドルから2025年には850億ドルまで拡大すると予想されます。120億ドル規模の新たな決済収益市場で確実にシェアを獲得するためには、銀行は最新のテクノロジーを導入して革新的なビジネスモデルを早急に構築し、顧客への付加価値の高いサービス提供に重点的に取り組んでいくことが求められます。

⇒詳しくはこちらをご覧ください。