リスク管理部門の管理職は、AIやブロックチェーン、RPAの導入で想定外のリスクを発生させる可能性があると回答。72%は自身のスキル向上よりも速いペースで複雑なリスクが発生していると認識

【ニューヨーク発:2019年12月3日】アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、金融機関のリスク管理部門を率いる管理職の大多数が、自身が破壊的技術のリスクを適切に評価できる能力があるとは考えておらず、新たな脅威により効果的に対処するために新しい戦略とツールの積極的な導入に意欲的であることが明らかになりました。

アクセンチュアが行った最新調査「Accenture 2019 Global Risk Management Study(アクセンチュア 2019 グローバルリスク管理調査)」※は、世界の銀行、保険、証券分野のリスク管理部門を率いる管理職約700人を対象とした調査に基づき作成されています。

詳しくはニュースリリースをご覧ください。⇒【ニュースリリース】 アクセンチュア最新調査 ―― 金融機関は破壊的技術のリスク評価に苦戦 

※Accenture 2019 Global Risk Management Studyについては下記のビデオもご覧ください
Accenture 2019 Global Risk Management Study: Sphere of Control

注:日本語字幕をご希望の場合は、YouTubeで視聴→設定→字幕→字幕翻訳→日本語をご選択ください。