金融サービスブログ    

このシリーズの記事一覧:

  1. 真の「生産性向上」と業務プロセス再構築、そして人の重要性海外先進事例に学ぶデジタル変革実現の鍵とは? ~ウェビナー
  2. RPAの要諦と次なるデジタル変革への挑戦 ~ウェビナー
  3. 「アンバンドル」から「社会構造変革」へ:日本におけるフィンテックの将来的可能性 ~ウェビナー
  4. 来たる“創造的破壊”の波に向けた、保険ビジネスのあり方とは ~ウェビナー
  5. デジタルウェルスマネジメントがもたらすアドバイスモデルの転換 _真の顧客本位の実現に向けて ~ウェビナー
  6. コーポレート領域でのデジタル技術導入による変革効果の限界と打開策–RegTechを中心とした効果創出の仕組みづくり  ~ウェビナー
  7. HUMAN + MACHINE:ビジネス変革における第3の波に日本企業はどう立ち向かうべきか ~ウェビナー
  8. ブロックチェーンは金融ビジネスをどう変えるか、何が可能になるのか~ウェビナー
  9. デジタル変革のあるべき姿 – 伊予銀行様DHDバンクを例に ~ウェビナー
  10. デジタル変革の鍵を握るCloud活用をどう進めるべきか – 金融業界における成功の要因 ~ウェビナー
  11. 真の顧客起点型ビジネスモデルの追求 –2つの主導権争いと鍵となるテクノロジーの展望~ウェビナー
  12. デジタルトランスフォーメーション(DX)における人材活用・リスキルの進め方とは~ウェビナー
  13. 顧客を知り、顧客に応え、顧客と共に育てるビジネス ー 2019年消費者動向調査を踏まえて ~ウェビナー

第4回 金融ウェビナー

2030年、日本の保険業界はどのような状況になっているのでしょうか?来たる「創造的破壊」の波に向けて、国内保険会社が打ち出すべき方策とは?9月13日に弊社が開催した金融ウェビナーでは、長期的な視野から保険業界が直面する重要なトレンドや先進事例について解説しました。その内容を要約すると次の4つのポイントとなります(詳細につきましては、本ウェビナーのオンディマンド版をご覧下さい)。

1. 今後、国内保険市場においても「創造的破壊」が起こり、変化のスピードも加速

AI・ブロックチェーン・IoT・ロボティクス・量子コンピュータといった新たなテクノロジーの導入が加速する中、ある経営者が予言したように、「変化のスピードが今日以上に遅くなることはない」でしょう。しかし、変化のスピードとその影響は業界によって差があります。下図が示すとおり、保険業界は現在「不安定期」と呼ばれるフェーズにあり、破壊的変化の波は本格的に及んでいません。しかし、将来的にもたらされるインパクトは非常に大きなものになるでしょう。

2.「創造的破壊」の起点となるのは、消費者意識・活動の根本的な変化

今後、消費者の意識・活動が大きく変化するとともに、「顧客主導型のリスク対応」と呼ばれるトレンドが大きな影響を及ぼします。その背景の1つとなっているのは、テクノロジーの進化です。ビッグデータやAIといった先進的ツールの広まりとともに、消費者は自らが直面するリスクをより早い段階で明確に理解することができるようになります。その結果、消費者は能動的に自身のリスク抑制に動き、それでも残存してしまう個別リスクに対してのみ保険を求めることになるでしょう。

このトレンドは、保険ビジネスのあり方に大きな影響を及ぼします。保険会社と消費者の情報非対称性が逆転することを起点に、保険会社はバリューチェーンを拡大し消費者のリスク抑制により注力することが求められるでしょう。そして、リスク・カバレッジの個別化が進むにつれて大数の法則を前提としたリスク管理が難しくなる可能性もあります。さらに、消費者の本質的ニーズが「モノ」から「コト」へ変容することに伴い、保険ニーズも所有から利用ベースへと移行することが予測されます。

国内保険会社関係者向けにアクセンチュアが最近開催したアンケートでは、顧客主導型のリスク対応がすでに市場へ影響を与えているという回答が全体の35%に上りました。2020年までに大きな影響が及ぶという回答も35%で、2030年まで含めると全体の97%に上りました。

3. 保険会社には既存のプラットフォーム・プロセス・商品の枠組みを超えた新たな取り組みが求められている

上記1), 2) で取り上げた変化に保険会社が対応するためには、既存の枠組みを超えた視点から、ビジネスモデルの戦略的転換が求められます。

先進的な保険会社は、「既存の枠組みを超えた」(outside the box)取り組みをすでに始めています。今回のウェビナーでは、3つのビジネスモデル変革のコンセプトに基づき、様々な事例を紹介していますが、特に注目に値するのは下記のような取り組みです。

コンセプトその1:つながる ~“非日常”から“日常”へ

英国のアビバ(Aviva)はAmazonのスマートスピーカー Alexaを活用し、顧客の日常生活の中でより高頻度の接点構築を進めています¹。この事例は、英Amazonのデジタルエコシステムへ参画することで、その約1800万人に上る顧客基盤へのリーチを可能としたという面においても示唆に富んでいます。

コンセプトその2:抑制・維持する ~“万が一時”から“川上・川下”へ

南アフリカのディスカバリー(Discovery)では、従来の健康増進プログラムだけでなく、慢性疾患患者に対する治療プログラムとその成果に連動した保険の提供を進めています²。一方、アリアンツ(Allianz)は、他業種のエコシステムへ参画しスマートホーム向けのサービスを提供。火事や漏水などの発生時に、同社が警備会社や修理業者を保険加入者の家へ直接派遣するなど、アフターケア分野でのトータルサービス実現に貢献しています³。エコシステムをベースとした新たなビジネスモデルを模索する保険会社は多く見られますが、自社を中心に据えたエコシステムを志向するケースが大半を占めます。その中で他社のエコシステムへ積極参入するアリアンツの事例は注目に値します。

コンセプトその3:個別化する ~“セグメント”から“ペルソナ”へ

新たなデジタルプラットフォームや様々なビッグデータを活用すれば、顧客の固有ニーズに応える商品提案が可能となります。例えばシトラ(Cytora)は、SNSやニュース、建築情報をはじめとする外部・内部データを使い、顧客企業の損害リスクプロファイルなどを保険会社へ提供⁴。保険会社は引受高度化により、損害率の改善やコスト削減を実現するとともに、顧客主導型リスク対応時代への適応を試みています。バーチャル保険代理店 ネオシュランス(Neosurance)は、わずか10秒で手続き完結できるオーダーメイド型の保険を提供しています⁵。例えば車上荒らしの多い地域に出かけた顧客向けに、駐車する数時間だけの保険を提案するといった取り組みを行っています。

4. 新たなビジネスモデルへ変革するためには、既存ビジネス・システムの体質転換(Wise Pivot)が求められる

顧客主導型のリスク対応を起点とした創造的破壊へ対応するため、日本の保険会社は具体的に何をすべきなのでしょうか?そもそも既存システムをはじめとした事業資産を抱えたまま、一足飛びに新たなビジネスモデルを実現することは極めて困難です。そのような中、保険会社には将来を見据えた変革と既存ビジネスの維持・強化を両立させる形でビジネスの体質転換を推進するアプローチ「Wise Pivot」が求められているのです。

例えば既存システムの近代化・効率化を進めるとともに、商品や事務プロセスの標準化および部品化を進めることで、商品・サービスの個別化という流れが将来的に加速しても、柔軟に対応することが可能となるでしょう。

また、現時点で活用可能なデータが十分になかったとしても、将来的な外部含めたビッグデータの活用を踏まえ、体制や環境の整備を推進することも重要です。「顧客主導型リスク対応」の時代に即したビジネスモデルの構築には、データの収集と活用が欠かせません。より多くのデータがリアルタイムで組織に流入し、それを最大限に活用できるような新しいビジネス環境を実現する取り組みが今後さらに求められるようになるでしょう。

私が担当したウェビナーでは、2030年を視野に入れた保険ビジスのあり方についてさらに詳しく解説しています。ご興味をお持ちいただいた方は是非ご覧ください

*同業他社、個人の方などのお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

1,2,3,4,5 : 公知情報を基にアクセンチュア調査