日本における投資額は、過去最高となる前年比5倍以上の5億4200万ドル、投資案件数は3倍に成長

アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、グローバルにおける2018年のフィンテックベンチャー企業への投資額は、前年比2倍以上の553億ドルに達しました。これは主に、成熟したスタートアップ企業への投資が拡大するなか、中国における投資が急増したこと、ならびに複数の市場でも堅調な成長が見られたことに起因します。日本における投資額についても、過去最高となる前年比5倍以上の5億4200万ドル、投資案件数は3倍に成長しました。

この驚異的な成長の主要因は、中国における投資額が前年比約9倍の255億ドルに達したことであり、これはグローバルにおける2017年のフィンテック投資総額の267億ドルに迫る勢いです。2018年のフィンテック投資総額のうち46%を中国が占めており、さらに中国におけるフィンテック投資額の半分以上は、「Ant Financial」が5月に実施したシリーズCにおいて140億ドルもの資金を調達しました。なお、Ant Financialは、世界最大のマネー・マーケット・ファンドやモバイル決済サービス「Alipay」などを運営しています。

⇒詳しくはこちらをご覧ください。